史跡 産土山古墳
しせき うぶすなやまこふん
産土山古墳 長持形石棺
史跡 産土山古墳 国指定史跡

 産土山古墳(うぶすなやまこふん)は、竹野川河口右岸に位置する古墳時代中期、5世紀中ごろに築造された古墳である。昭和14年に発掘調査が行われ、長持形石棺(ながもちがたせっかん)が見つかった。中からは埴製枕(はにせいまくら)、環頭刀子(かんとうとうす)、直刀、鹿角装木鞘の剣、銅鏡(変形四獣鏡)、ヒスイやメノウの勾玉、碧玉製管玉(へきぎょくせいくだたま)などの玉類、鉄鏃(てつぞく)、短甲(たんこう)、木櫛(きぐし)、木弓(もくきゅう)などが出土した。特に主体部が『王者の棺』とよばれる地元産の凝灰岩(ぎょうかいがん)からなる長持形石棺であり昭和32年に国の史跡に指定された。当古墳の規模は直径約54mで河原石からなる葺石を有し、円筒埴輪を配し、盾(たて)・家型埴輪などの形象埴輪も出土した。

TOP